選挙妄想

都知事選真っ只中である。
昨日は選挙について真剣に考えてみた。

18歳から投票できるようになったのにこんなに投票したい人がいない選挙で本当に申し訳なく思う。
じゃあ白紙投票をすればいいのでは?という意見もあるけれど、白紙投票は実際には選挙に何の爪痕も残さない。
やっぱり選挙に行くからには自分の1票は生かしたいと思うけれど、本当に誰に入れたらいいのか。

逆にこの人だけは絶対に当選させたくない!って人は毎回必ずいるんだけどな。
この辺で選挙のルールとしてマイナス票制度を導入してみてはどうだろう?さっきも言ったような「この人だけには国会議員になってもらいたくない」という立候補者に入れるマイナス1ポイントの票である。
最近のネットなんかを見ていると特にそうだけど悪口を言ってデスることがみんな大好きである。
批判する方が盛り上がるのである。
白紙投票よりも、あいつが国会議員になるのを阻止してやったという達成感も味わえると思う。

ちょっとシュミレーションしてみる。
まず投票所の入り口で「プラス票にしますか、マイナス票にしますか?」と選挙管理委員に尋ねられる。
もう入り口から選挙は始まっている。
どっちの票を選んだ方が自分の意見を最大限に生かせるかを考える。
開票が始まる。
当選に必要な得票数も今まで通りにはいかないのである。
まったくもって予想がつかないのである。
票がどのくらいの割合でプラス票とマイナス票に分かれるかはその日になってみたいと分からない。
立候補者にとっても、国民にとっても実にヒリヒリする緊迫感あふれる選挙になる。
さらに思いの外、皆がマイナス票を選んで投票した結果得票数0で当選する立候補者も出るかもしれない。
0票獲得して当選!ってなんか複雑な心境になるだろうな。
アメリカのドランプ氏のように熱狂的ファンも多いけれどアンチも多いそんな時にこのマイナス票制度はとても有効だと思うのです。

どうでしょう公職選挙法また改正してみませんか?